今回は急な設営だったにも拘わらず、出張先の福岡から駆けつけていただいた方など、

思いはしっかりと中央の方が多くいらっしゃると感じました。

赤坂、青山で、ご活躍で白金台にお住いの2期の岡田先輩からは、開校当初のお話がたくさん聞けました。

岡田先輩のお話を、色づけてくれたのは、8期の清水先輩で、卒業アルバムをデジタル化しパットから当時の写真を見せていただけたことです。

そして、先の開校記念式典でジンズの田中社長や外村さんと生徒

全員で撮った体育館の写真を見ていただいたことも思い出話に花が咲き、さらに盛り上がりました。

「この場所はどうなっているの?」とか「この川の向こうに同級生のうちがあって、・・・。」など、故郷を離れていらっしゃる方にも、具体的な現状報告ができ良かったです。

お昼の会などはどうかとか、日曜じゃないととか、土曜でないとなど様々な事情がある中で、恒常的に行っている活動に皆様も、時が許す会に気軽にご参加いただく。それが、中央と思っておりますので、ぜひ、関心をもっていただき輪を広げていただきたいと思います。

文筆責任  会長  大畠聡