「好きな自分になるために」という演題で、座学の講演と

会長によるMCで、各学年の希望者から選抜された生徒6名+清水崇監督との対談・座談会を行いました。

登壇した生徒一人ひとりからの質問や意見・疑問と清水崇監督からの意見や質問に対する答え、考えなどが、キャッチボールされ盛況に終わることができました。

会場からも、自分の悩みや素朴くな質問が多く充実していました。

講演後に、生徒たちの感想をお礼の意味を込め学校側が監督あてに送ってくださいました。

清水崇監督から、会長に「私の講演なのに、生徒の書いた感想に、痛く感動した。」と、お言葉をいただきました。

生徒からは、「監督の真っすぐさ。」「夢をあきらめないピュアさ。」「先入観を持たず多角的な視点を持っている。」「本当にやりたいことを見つけることが、熱中できること。」「いきいきしている清水監督を見習いたい。」「失敗は失敗でない。」「ホラーは好きでないが、話を聞いてみたくなった。」「日本科学未来館の9次元から来た男が見たい。」

など、講演の中の言葉から、自分自身の人生観に合うものを選んでいる様子が見られました。

楽しい講演であったことや自分を見直すキッカケとなったという意見も多かったようです。

講演で、生徒が感動するだけでなく、講演する側を感動させられる力のある未来の宝の生徒と時を共にできたことに感謝しております。

文責 大畠 聡